脂質異常症の方の行事食
脂質異常症(第13章)

トップ > 脂質異常症 > 第13章 脂質異常症の方の行事食

脂質異常症の方の行事食のポイントを紹介

×
国産食材使用 ミールタイム 私のおせち

[広告]
×
国産食材使用 ミールタイム 私のおせち
[広告]

脂質異常症 (13章-1) 脂質異常症の方向けのおせち

脂質異常症の方が召し上がるおせちのポイントを紹介しています。

脂質異常症の方向けのおせち料理

 歴史のある伝統行事には、昔から人々が大切にしてきた祈りが込められています。おせち料理にも、その一品一品に新しい年を祝う気持ちや、家族の健康や繁栄、豊作・豊漁などを願う意味があり、知れば知るほど興味深いものです。
 たとえば、卵のたくさんついた「数の子」には子孫繁栄、「田作り」には稲の豊作を祈願するという意味があり、「黒豆」は「まめ(達者・健康)に暮らす」、「昆布巻き」は「喜ぶ」などの言葉に通じています。  「たたきごぼう」は地中に深く根をはることにちなんで、家や家族の堅牢な土台を願う料理。「かまぼこ」は紅白の彩りや、初日の出を模した半月形などの飾り切りにすることで、門出のお祝いを表します。「栗きんとん」は「金団」という字が当てられることもあり、黄金色からも財宝や富を連想させる鮮やかさです。
 お年寄りのように長いヒゲを蓄え、腰を丸めた海老は、長寿を願う気持ちのこもった一品です。出世魚である鰤の照り焼きは「立身出世」、鯛の塩焼きは「目出度い(めでたい)」に通じており、おせち以外でもよく知られた縁起物です。各地の多種多様なおせち料理を揃えると、20~30種類にものぼるといわれています。

   さて、これらの料理のうち、脂質異常症の人が注意するべき食材などはあるでしょうか。最も気を付けたいのは、食品中のコレステロールです。最近は変わり種のおせちセットなどもあり、珍しい食材が加わっていることもありますが、前述のような伝統的なおせち料理であれば、コレステロールの高い卵、乳製品、肉類はさほどたくさんは含まれていないはずです。
 ただ、たまごが必ず使われている「伊達巻き」は控えめにしておきましょう。衣にたまごが使われている揚げ物や、脂質の多い牛肉や鶏肉の皮、レバーやハツなどの内臓肉を使った料理が入っている場合も、コレステロールが高いため、注意が必要です。
 おせちに欠かせないイクラや数の子のほか、タラコ、筋子、ウニなどの魚介類にも、コレステロールが含まれています。ただ、元日にお寿司のタネ程度の量を食べるくらいであれば、さほど心配はないと考えられます。
 海老、イカ、タコなどにもコレステロールが含まれていますが、LDLコレステロールの減少に役立つステロール類と呼ばれる成分や、不飽和脂肪酸なども含まれていますから、たくさんの量を食べるのでなければ、とくに問題はないでしょう。
 食品に含まれる脂肪や、植物油などの油脂類の摂取量を抑えることも、中性脂肪やコレステロールの状態を健康に保つための、食事のポイントのひとつです。洋風のアレンジで、肉類の多いおせち料理をお取り寄せするなどの場合は、量を控えめ目にしたり、肉の脂身ははがすなどの工夫をしてみてください。

 また、コレステロールや脂質以外に気を付けたいのが、糖質です。伊達巻き、栗きんとん、田作り、黒豆など、甘味の強い料理は、食べ過ぎない工夫が必要でしょう。お重から直接とって食べるのではなく、あらかじめ小皿などに少量を取り分けておくとよいかもしれません。
 砂糖を控えめにして、手作りをするのもおすすめです。たとえば、栗きんとんなどは砂糖や栗の甘露煮を思い切って半分以下に減らすと、糖質やカロリーをカットでき、さつまいもの素朴な味わいが楽しめます。りんごのすりおろしなどを少し加えて、味を整えてもよいでしょう。
 野菜、海藻、きのこ、こんにゃくなどは、コレステロールや脂質、糖質、カロリーが低く、コレステロールを減らす食物繊維や、ビタミン・ミネラル類が豊富に含まれているため、普段はもちろん、お正月も積極的にとりたい食材です。
 おせち料理を食べ始めるときも、まず、なます、酢の物、筑前煮の野菜、こんにゃく、昆布などに箸をつけてから、肉や魚などを使った料理へと進むようにしてみてください。食事の前半に食物繊維をとれば満腹感を早めに得ることができて、食べ過ぎを防ぐことができます。食物繊維には腸内の健康を整えるといった有益な働きがあるほか、コレステロールや中性脂肪値を下げる効果も期待できます。
 なますや酢の物などは、大根と人参という組み合わせのみにこだわらず、きのこ、パプリカ、しょうが、カニカマなどを加えてアレンジしたり、くるみなどのナッツ類や、香辛料、香味野菜などをプラスして、味の異なるレシピのバリエーションを用意しておくと、飽きずにたくさん食べることができます。
 減量やカロリー制限を行っている人も、ビタミンやミネラルが豊富な野菜を毎日しっかりとることは重要ですから、ぜひサラダ代わりに活用してください。野菜は種類を問わず、お正月も1日に350gをとるように心掛けたいものです。

 お正月休みは、ダイエットや生活習慣の改善に取り組むチャンスでもあります。美味しいおせち料理をきっかけに、食習慣についても、見直してみてはいかがでしょうか。そうすれば、お正月明けの仕事や家事も、より明るく元気な足取りでスタートできそうです。