高血圧の方向けの行事食
高血圧(第13章)

トップ > 高血圧 > 第13章 高血圧の方向けの行事食

高血圧の方の行事食のポイントを紹介

×
綾鷹 特選茶

[広告]
×
綾鷹 特選茶
[広告]

高血圧 (13章-1) 高血圧の方向けのおせち

高血圧の方が召し上がるおせちのポイントを紹介しています。

高血圧の方向けのおせち料理

 お正月の料理といえば「おせち料理」。歴史やいわれについてはさまざまな説がありますが、新しい年を寿ぐ行事は、奈良時代のころに中国の暦の影響を受けて始まったと考えられています。なかでも、次第に食との繋がりが深まったことで、おせちのようなお祝いの料理が作られるようになったものと考えられます。
 おせち料理というとまず黒塗りの三段重などを思い浮かべますが、現在のように料理を重箱に詰めるスタイルになったのは、江戸時代のようです。明治や大正の時代になると料理のバリエーションが増えて、地域の違いなどがみられるようになりました。
 洋風、中華風などの食文化が普及して、調理済みのおせちなどが販売されるようになったのは、昭和になってから。現在では、ボリュームたっぷりの豪華なおせち料理だけではなく、体調管理や食事療法に配慮した「ヘルシーなおせち」のお取り寄せなどが、人気を呼んでいるようです。ネットから予約をしたり、大晦日までに届くように注文し、冷凍保存できるタイプもあり、大変便利な時代になりました。

 一般的におせちは味付けの濃い料理が多いため、高血圧の人にとっては塩分が気になるところでしょう。しかし、日ごろはあまり口にしないお正月ならではの逸品や食材を味わえるせっかくの機会。減塩のためのポイントを抑えて、血圧の心配をせずに、おいしく楽しみたいものです。

 高血圧で塩分制限が必要な方におすすめのおせち料理のポイントが二つあります。
 ・市販のものなら、塩分の多い料理や食材を食べ過ぎないこと
 ・手作りする際は、薄味でもおいしく食べられる工夫をすること

 おせちの中でも塩分量が多い料理として挙げられるのが、数の子、スルメ、昆布などをしょう油で漬け込んだ「松前漬け」、天日で干したタラを煮ふくめた「棒だら」、昆布で魚や野菜を巻いて煮た「昆布巻き」、ひき肉や魚のすり身を和菓子のようにまとめて、ケシの実などを散らして焼いた「松風焼き」、カタクチイワシを甘辛いタレをからめた「田作り」、紅白の「かまぼこ」などです
 これらは、通常の味付けであれば、一口か二口ずつにとどめたほうが安心です。代わりに、塩分が控えめの紅白なます、煮しめ、たたきゴボウなどを選ぶようにしましょう。「イクラの醤油漬け」なども、そのままお重にたっぷりと詰めて食べ始めてしまうと、箸が進みがちですが、なますに彩りとして添えるように盛り付けると、食べ過ぎを防ぐことができます。

 おせち料理を手作りするのであれば、調理にひと工夫をほどこせば、減塩に仕上げることができます。数の子、干しだら、貝類、昆布などは、調理の前に1回、2回と、しっかり塩抜きをしましょう。また、だしのうま味やお酢、ショウガ、ゆず、レモン、とうがらし、七味、にんにく、ねぎ、ハーブ類などの香味を利用することも、減塩のおせち料理をおいしく作るコツです。
 煮しめなどは食塩を控えめにする代わりに、刻んだ針ショウガを加えると、しょうがの豊かな辛味と歯ごたえが加わって、おいしくいただくことができます。
 縁起物の有頭海老やぶりの照り焼きなども、醤油やみりんに漬け込んで調理をするのではなく、日本酒を使って酒蒸しなどにして、ゆずや七味、黒酢などをプラスすれば、塩分は控えめでも、食材の味が引き立つ仕上がりになるでしょう。

 さらにもうひと手間をかけて、おせちに焼いた野菜やきのこ類などを添えるのもおすすめです。野菜やきのこ類には、塩分排出作用のあるカリウム、カルシウム、マグネシウムなどが含まれており、これらが血液中の塩分を体の外へ排出します。なかでも高血圧の人におすすめの食材は、チンゲン菜、トマト、たまねぎ、かぼちゃ、ほうれん草、もやし、モロヘイヤ、大根、エリンギ、しいたけなど。アボカド、納豆などの豆類、ワカメなども心がけてとりたい食材です。これらの食材から、余分なナトリウム(塩分)を吸着して排出する、食物繊維がとれることも高血圧の人にとっては、メリットになります。
 数の子なども単品で食べるのではなく、そぎ切りにして、大根や人参などのなますといっしょに食べると、お正月らしさはそのままに、よりヘルシーな組み合わせになります。
 のんびりしたいお正月に、野菜やきのこをいちいち調理して食卓に出すのが面倒であれば、たっぷりのお酢に漬けて、なますやマリネをたくさん作りおきしておくと、手軽にたくさん食べられます。お酢の主成分である酢酸にも、血管を広げて、血圧を流れやすくする働きが期待できます。ちなみに、お酢は加熱をして酸味を飛ばしても効果がありますが、一度にたくさんとってもあまり意味がないため、毎食少しずつ継続的にとることがポイントでしょう。

 年末年始はごちそうを目にする機会の多い時期です。しかし、時間的な余裕を持てる場合も多く、塩分や食事のコントロールにしっかり取り組めるチャンスにもなります。アルコールの飲み過ぎや運動不足にも気を付けて、どうぞよいお正月をお迎えください。

高血圧 (13章-2) 高血圧の方向けのひな祭り

高血圧の方が召し上がるひな祭りの食事のポイントを紹介しています。

甘いお餅や雛あられの食べ過ぎに注意

 ちらし寿司、蛤のお吸い物(潮汁)、菱餅、草餅、雛あられ、白酒など、桃の節句であるひな祭りにまつわる料理は、じつに彩り鮮やかです。
 菱餅の色は、上から赤、白、緑とされ、あの「ひし型」の意味は、なんと人の心臓をかたどった形であるといわれています。最近はお餅で作ったものではなく、ゼリーやケーキなどで形や色のみを表現した「菱餅風スイーツ」も人気があるようです。
 草餅は、邪気を払う薬草と言われる蓬(よもぎ)を練り込んだお餅です。雛あられは、もち米を炒ってカラフルな砂糖をまぶしたかわいらしいお菓子。白酒はみりんにお米や麹を混ぜて熟成させた縁起物のお酒です。 どれも甘い味付けで、糖質やカロリーは多めですから、食べ過ぎれば肥満のもとになります。血圧の高い低いに関わらず、健康のためには食べる量にはお気をつけください。

お吸い物とちらし寿司の塩分に注意

 お吸い物に用いる蛤は、他の貝殻とは合わせることができず、もともとのペアのみがピッタリとくっつくことから、良縁や夫婦円満の象徴とされています。やや高級な食材ですが、ビタミンB12や亜鉛が豊富で、旬の食材でもありますから、ぜひ献立に取り入れたいものです。
 ただ、高血圧の人にとっては、お吸い物の塩分量が心配です。蛤はよく塩抜きをしましょう。出汁をよくとって薄味に仕上げることで、塩分量をカットできます。

 ちらし寿司が誕生したいきさつには諸説ありますが、約350年前の備前(現在の岡山県のあたり)で作られたという説がよく知られています。当時の藩主・池田光政が庶民に「一汁一菜令」を出しました。おかずは汁物以外、一つだけに留めて、質素倹約を呼びかけたのです。これに反発した人々が、おかずをご飯に混ぜて食べたものがちらし寿司のもとになったということです。
 様々な食材を食べて健康を祈願するという意味もあったようで、その後はおめでたい席などに出されるメニューとして定着していきました。具材は、緑のゆで絹さや、黄色の錦糸卵、白の酢レンコンやたけのこ、赤の紅ショウガ、黒の海苔と、五色の食材で飾ることがよしとされているようです。
 ただ、必ずこの具材を加えるべしといったはっきりとしたきまりもありませんから、海鮮を乗せたり、飾り切りの野菜を乗せたりと、レシピのアレンジは好みによって様々でしょう。
 かんぴょうや干ししいたけを甘辛く煮漬けた具材や、サーモン、いくら、とびっこ、漬けまぐろ、うなぎ、穴子といった塩分の多い具材が乗っている場合には、高血圧の人は量を控えめにとるように気を付けてみてください。