腎臓病の方の行事食
腎臓病(第13章)

トップ > 腎臓病 > 第13章 腎臓病の方の行事食

腎臓病の方の行事食のポイントを紹介

×
国産食材使用 ミールタイム 私のおせち

[広告]
×
国産食材使用 ミールタイム 私のおせち
[広告]

腎臓病 (13章-1) 腎臓病の方向けのおせち

腎臓病の方が召し上がるおせちのポイントを紹介しています。

腎臓病の方向けのおせち料理

 お正月料理の代名詞といえば「おせち料理」。どのようないわれがあり、いつごろから、日本に伝えられてきたものなのでしょうか。歴史を紐解くと、奈良時代のころまでさかのぼります。発祥については諸説ありますが、当時の日本の習慣に、中国の暦にまつわる行事の影響が加わって、後に「食」との関連を深めながら、年頭のお祝い料理として一般化していったと考えられているようです。
 しかし、古の日本のお正月にどんな料理がどんなスタイルで用意されてきたのか、詳しい変遷などははっきりと明らかにはなっていません。重箱に詰められたものが伝統的で、正統なおせち料理のイメージとされていますが、江戸時代のころまでは、必ずしもそうではありませんでした。江戸の後期にあたる文化のころになると、数の子、田作り、たたきゴボウ、煮豆などを重箱につめた、現在のおせちに近いものが用意されるようになったようです。地域の違いもあり、土地によっては野菜の煮物やアワビ、スルメ、などを入れることもあったといいます。いつ食べるかについても、ほとんどが大晦日までに作られて、元日に開けられるようですが、稀に年末に食べ始めるというところもあるようです。

 昨今では料理の品数やバリエーションが豊富になり、家庭で調理するだけではなく、飲食店や百貨店でもおせち料理のセットなどが販売されていることは、ご存じの通りです。なかでも、健康を気づかったヘルシーなおせち料理は年々人気が高まっており、とくに生活習慣病などの方も安心して食べられるタイプや、アレルギー対応に配慮されたタイプなどが、たくさんの人に喜ばれているようです。何かと気ぜわしい師走でも、大晦日に間に合うよう、ネットや電話から予約注文をすることができる点でも便利でしょう。
 腎臓病の人向けに、たんぱく質や塩分の量を調整しながら、多種多様な料理を揃えたおせち料理などもあります。昨今では調理や食材の工夫がすすみ、美味しく仕上げられた評判のものもありますから、利用されるのも一つの手かもしれません。

 市販のおせち料理を用意する場合などは、腎臓病の方向けにどのような配慮が必要でしょうか。賢い食べ方のポイントを押さえて、体に負担をかけずに、お正月のグルメを楽しみたいものです。
 腎臓病の方の食事療法の基本とされるのは、塩分の制限と摂取カロリーの調整です。体調や健康状態によっては、たんぱく質の摂取量を制限したり、また、カリウムやリンを制限することが必要となる場合もあります。
 一般的なおせち料理は、保存性を高めるなどの目的で、味付けが濃く、塩分多めに仕上げられていることがほとんどです。なかでも塩分に気を付けたいメニューは、松前漬け、棒鱈、昆布巻き、かまぼこ、松風焼き、田作り、数の子、伊達巻き、魚介類の甘煮など。市販のものなら、塩分だけではなく、砂糖もたっぷり含まれている場合があります。カロリーオーバーにならないためにも、一人前をしっかり食べてしまうのではなく、味見程度に留めたいものです。

 家庭で調理する際には、思い切って塩やしょう油の分量をカットしてしまいましょう。まずはだしをしっかりとって料理を仕上げ、味付けが必要な場合は、しょう油や水で溶いた塩を料理の上から塗ると、使う分量はわずかで済みます。魚介類は、2回、3回としっかりと塩抜きをしたり、甘煮にせずに酒蒸しにするなど、調理にも一工夫を施せば、塩分はかなり控えられるはずです。
 厚焼き玉子や、野菜やこんにゃくなどの煮しめ、なます、たたきごぼう、栗きんとんなどは、塩分量から見るとさほど心配はないようです。ただし、こちらも調理法などによって栄養成分には差が出てきますから、市販のものを使うよりは、手作りが安心でしょう。ハーブ、スパイス、しょうが、にんにくなどをプラスすると風味に変化が生まれますし、新しく美味しいおせち料理の味が見つかるかもしれません。
 また、塩分(ナトリウム)の排出を促すカリウムや食物繊維を含む食材を活用するのも、一つの方法です。たとえば、厚焼き玉子やかまぼこなどに大根おろしをたっぷり添えたり、栗きんとんにリンゴの角切りを加えたり、紅白なますにシメジやワカメなどを加えると、ヘルシーになり、食べ応えもアップします。

 おせち料理には、普段はあまり食べない、くわい、ユリ根、チョロギといった野菜が用いられることがあります。くわいは「芽が出る」ことにちなんだ縁起物。ユリ根は食用ゆりの球根で、子孫繁栄の意味があるとされ、飾り切りにも便利です。チョロギシソ科の植物の地下茎で、「長寿喜」といったおめでたい漢字が当てはめられる食材です。
 これらの食材も、塩分量などは調理法によって異なりますが、一度にたくさん食べる類のものではないので、さほど神経質に避けたりする必要はないでしょう。
 塩分、たんぱく質のほか、カリウムやリンなどの摂取量を控える食事制限をされている方や、腎透析などを受けられている方は、事前にかかりつけ医や管理栄養士などに、おせち料理やお雑煮などを含めた献立について、相談をしておくと安心でしょう。